避難の心得地震編 for foreigners地震編じしんへん for foreigners 地震じしんきたら

地震編じしんへん for foreigners 地震じしんきたら


世界せかい有名ゆうめい地震大国じしんたいこく日本にほんみなさん、地震じしんきたら、どうやって自分じぶんまもるかっていますか。

地震じしんれのおおきさをあわらす「震度しんど」は、0から7まであります。

避難の心得地震編 for foreigners

避難の心得地震編 for foreigners

自宅じたくおおきな地震じしんきたら

おおきな地震じしんきたら、まず自分じぶんまも行動こうどうをしましょう。

避難の心得地震編 for foreigners

避難の心得地震編 for foreigners

おおきな家具かぐまどガラスなどからはなれましょう。
避難の心得地震編 for foreigners

テーブルのしたなどにかくれるようにしましょう。
避難の心得地震編 for foreigners

あわててガスコンロのしに必要ひつようはありません。
避難の心得地震編 for foreigners

都市としガスはおおきなれで自動的じどうてきまるようになっていますので、地震じしんれがおさまってから確認かくにんしにくようにしましょう。

そとにいるとき、おおきな地震じしんきたら

ガラスの破片はへんなどがちてくる危険性きけんせいがあるので、カバンなどであたままもり、なるべく建物たてものからはなれるようにしましょう。

避難の心得地震編 for foreigners

たかいビルにいるとき、おおきな地震じしんきたら

たかいビルからすぐにることは大変危険たいへんきけんです。そと避難ひなん(※1)しようとせず、あたま保護ほごし、たおれるもののない場所ばしょれがおさまるのをちましょう。おおきなキャビネットやガラスまどなどからはなれましょう。

停電ていでんによりめられる場合ばあいがあるので、エレベーターを使つかってはいけません。安全あんぜんのためと理解りかいして、パニックをこさないようにしましょう。

避難の心得地震編 for foreigners

【※1】避難ひなん(emergency,evacuation,refuge)とは、災難さいがいけること。災害さいがいけて、(んでいる場所ばしょ滞在たいざいしている場所ばしょから)、安全あんぜん場所ばしょ移動いどうすること。

エレベーター、エスカレーターにっているとき、おおきな地震じしんきたら

地下街ちかがいにいるとき、おおきな地震じしんきたら

【※2】壁伝かべづたいとは、かべなどにをかけ、それに沿ってあるくこと。

電車でんしゃっているとき、おおきな地震じしんきたら

避難の心得地震編 for foreigners避難の心得地震編 for foreigners

スーパーやコンビニなどにいるとき、おおきな地震じしんきたら

確認かくにんテスト


PAGE TOP