お知らせ

2016/11/29

高崎市佐野地区地域づくり活動協議会は、『佐野地区・防災まつり』を平成28年11月27日(日)に、高崎市佐野公民館と佐野小学校校庭で開催しました。この日に行われたのは、地域住民が世代交流を行いながら防災意識を高めることを目指し、おにぎりやすいとんの体験や防災時のテント張り・生活体験、子供防災クイズなどです。

▼学童の子供たち

学童の子供たち

同活動協議会の事務局の恩幣さんは、日頃、防災意識を高めるためには「テレビやニュースでの被災地の現状を真摯に受け止め、日頃の地域でのコミュニティーづくりや防災訓練等の体験を通していざ災害時に自分は何ができるか、何をすべきかの意識を持つことが大事」と考えていらっしゃるそうです。
また当日は「親子で参加された方も多く、防災クイズの答えを親子で話し合っている場面もあり、防災について考える場を提供できたことを大変うれしく感じました。ビニール袋でのごはんの炊飯体験コーナーでは、多くのお年寄りと若い人との対話の花が咲き、『こんなに美味しくできるんだね』との言葉が印象的でした」とのこと。

地域のみなさんが楽しく参加できる防災訓練はとても素敵です!トクする!防災はこれからも地域の防災活動をサポートしていきます。

▼電池を選ぶ子供たち、トクする防災 カウンター


PAGE TOP