お知らせ

2017/12/12

荒川区は、災害に強いまちを目指し、木密地域の不燃化に取り組んでいます。 災害が発生した際に、どのような行動をとっていけばいいか、またどのような問題が発生し対処していかなければならないかを、地域の皆さまと一緒に考える「防災まちづくりフェア」が荒川区立図書館 “ゆいの森あらかわ” で12月2日(土)に開催されました。

この日は、横浜市立大学の石川永子先生の講演、蓄光ねんど作りのワークショップ、アニメ上映、消防体験、スタンプラリーなど様々なプログラムが行われました。プログラムに参加した方に配布する、富士通 乾電池、アルファ化米(安心米)やえいようかんを「トクする!防災」から提供し、防災啓発活動に協力させていただきました。
荒川区防災都市づくり部の能見さんによると、「子供から大人まで気軽に参加できる多くのプログラムがあったため、どのプログラムも大変盛況でした」とのこと。

地域の皆さまが楽しく参加できる防災訓練や地域の防災活動を、「トクする!防災」はこれからもサポートしていきます。

不燃化特区 防災まちづくりフェア


PAGE TOP