ヒナんどりやってみた!

高層ビルで働く女性必見!55階から階段で降りて登ってみた

高層ビルで働く女性必見!
55階から階段で降りて登ってみた

都内の高層ビルで働くビジネスマンであれば、地震などの揺れを感じたとき、「エレベーター停まった!?」と思うことがよく有りませんか。
実はプロジェクトを推進する日本気象協会も、サンシャイン60の55階にオフィスが有り、この恐怖を薄く感じながら仕事をしています。
そこで実際に、急きょエレベーターが使えなくなった場合を想定し、55階の階段を下りて上がってみると実際にどんな感じなのか!?体験をしてみました。

ヒナんどりやってみた!

高層ビルにお勤めの女性、階段を昇降するときの心得はこちら!

  • ① 常にスニーカーを置いておく

    ヒールは足の先のみならず、ヒザも痛めます。
    ヒールの靴で歩いて階段を下り、さらに帰宅は不可能と思いましょう。
  • ② ヘアゴムで髪を結ぶべし!

    階段の昇降は、常に下を見ます。髪の毛が長いと足元が見えず危険です。
  • ③ ペットボトル(水分)を小脇に抱えて!

    多量に汗をかきます。水分を小脇に抱えましょう!
  • ④ 昇降の前に、ストレッチを!

    アキレス腱伸ばし、手足をぐるぐる回すなど、昇降前に準備運動を!
実際体験したK(女)によると「結局、日ごろから運動が必要だと解った」とのこと。
まるでマラソンした!? というくらい、汗をかいていた二人。
大きな地震が起こった場合、企業によってはまず社内に待機することを推奨する場合が有りますが、数時間または数日間オフィスに居る場合、やむなく階段を使って買い出しをするのは体力的にかなり負荷がかかります。
階段を昇降する場合の心得もふまえつつ、オフィス内での飲食料備蓄などを進め、しっかり備えをしておきましょう。


PAGE TOP