ヒナんどりやってみた!

ライターを使わず火を起こす!ビニール袋で米を炊く!
サバイバル能力を育てる、某企業の社内防災訓練に参加してみた!

ライターを使わず火を起こす!ビニール袋で米を炊く!
サバイバル能力を育てる、某企業の社内防災訓練に参加してみた!

地震や津波、土砂災害などなど、気象災害が多い日本。特に東日本大震災以降防災意識が高まり、防災訓練への参加に力をいれている企業や自治体は増えています。しかしながら、訓練で実際に身に付けるべきことは何でしょうか?それは、恐らく「サバイバル能力」。煙の怖さや地震の怖さを体験する防災訓練ももちろん大切ですが、実際に何もない環境にさらされた場合のサバイバル能力を鍛えることも生き延びる為に必要不可欠です。
そんな実践に近い形の防災訓練を企画、実施する企業があると聞きつけ、我々「トクする!防災」メンバーも参加してきました。

ヒナんどりやってみた!


今回は、社内防災訓練の様子をお届けしましたが、この内容は家族や友達同士でも気軽に挑戦できますね。訓練を兼ねたBBQをすることでいざという時のサバイバル力も磨くことができ、より充実した時間となるのは間違いありませんね。

いざという時に、ナイフやファイヤースターターを活用するポイントはこちら!

  • ① いずれも非常時役に立ちます!防災グッズの中に備えておきましょう。

    →防災袋に眠っている方は一度取り出し、使う練習を。
  • ② まずは大人が正しい使い方を学び、子供にも教えてあげましょう。

    →扱い方を知らないと、逆に危険なことも。
  • ③ BBQなど、休日のお楽しみの中で道具に慣れるきっかけを!

    →どうせ学ぶなら楽しく学びましょう!


PAGE TOP