ヒナんどりやってみた!

防災ライフフェスタ2017に行ってみた!

防災ライフフェスタ2017に行ってみた!

2017年3月11日で東日本大震災から6年が経ちました。災害はいつ起こるかわかりません。「トクする!防災」プロジェクトでは、今後も気軽に取り組むことの出来る普段の防災アクションを提案し、皆さんの防災行動に役立ててもらえるよう活動してきます。
「トクする!防災」メンバーは3月11日、代々木公園内で行われた、防災ライフフェスタ2017とSHIBUYA CAMP 2017に行ってきました。今回は第一弾として防災ライフフェスタ2017に行ってみた様子をお届けします。
防災ライフフェスタは災害時、避難場所としての役割を担う代々木公園で、防災について学ぶことのできるイベントです。防災ライフフェスタでは、代々木公園の防災公園としての機能を紹介したり、様々な防災グッズを扱うブースが出展したりしていました。
身近にできる防災を考えるきっかけにしていただければと思います。

ヒナんどりやってみた!

■主催:東京都公園協会さんのブース


■各出展者さんのブース


■浅野竜一氏による防災トークショー

防災公園に学ぶ!災害準備の心得はこちら!

  • ① 防災公園には、かまどベンチ、防災トイレ、応急給水槽などの防災施設があります!

    →近くの防災公園を確認し、いざというときに備えましょう。各施設の使い方を知ることも大切です。
  • ② 色々な防災対策、防災グッズを見てみよう

    →災害が起こったときには何が必要かを家族で確認し、対策やグッズを考えましょう。自分に合う防災対策をし、防災グッズを持つようにしましょう。
  • ③ 自力で生き残るために、自分にとって必要なことを見極めよう

    →災害が発生してから安全な場所に行くまでの間、どこで何が起こるのかを想定することで、いざという時にパニックになりにくくなります。自分だけでなく、家族との連絡手段や待ち合わせ場所など、大切な人と出会うための約束事も重要です。


PAGE TOP