ヒナんどりやってみた!

災害時の対策への取り組み、聞いてきた!~宅配水の工場編~

災害時の対策への取り組み、聞いてきた!
~宅配水の工場編~

●どの地域でも災害の可能性が!近年の主な自然災害、覚えていますか?


●大地震で記憶に新しいのは昨年の熊本地震、そのときどんなことが起こった?


●熊本の宅配水工場は、どうだったのでしょう?~クリクラ南九州 熊本工場の場合~

ヒナんどりやってみた!

■工場周辺ではこんな被害がありました

■お客様には、きちんとお水をお届けできました

■災害時の工場間ネットワークとは?


●生きていくのに大切な「水」。宅配水の会社が取り組んでいることって?
株式会社ナック クリクラ事業部 本庄工場 副工場長 宮川一郎さんに伺いました!

■東日本大震災(2011年)後に竣工されたクリクラ本庄工場の取り組み

■クリクラ本庄工場の生産能力

■クリクラの被災地支援について
クリクラは、2011 年3 月の東日本大震災や2016 年4 月の熊本地震をはじめ、災害時に被災地避難所へのクリクラの無償提供とスタッフによる支援活動を行ってきました。災害時における飲料水等の供給協力に関する協定を自治体と締結するなど、できる限りの支援が行えるよう、地域と連携しています。

●全国各地の災害傾向とクリクラチェーンの防災対策って?
■「秋の備蓄前線+クリクラの備蓄トピックス」
秋も秋雨前線や台風などで雨の多い時期になります。全国の気象予報士による各地の雨の傾向と、その地域のクリクラ工場の取り組みを紹介しています。全国各地でのお水の備蓄に、普段からの防災アクションにぜひ参考になさってくださいね。

秋の備蓄前線~クリクラの備蓄トピックス~

※「秋の備蓄前線」は、秋雨や台風などで各地の雨が増え、土砂災害や洪水が起きやすくなる時期を参考に、食料品や生活用品などの備蓄の見直しを推奨する時期を表現したものです。

宅配水の工場の防災への取り組みはこちら!

  • 工場が被災しても、お客様へ途切れることなくお水を届けることが出来る!

    ・備蓄しているボトルがあり、近隣や近県の工場と連携してお水を調達できます。
    ・クリクラ全国の支援ネットワークがあり、地域の災害傾向に合わせた備蓄体制を取っています。
    ■クリクラについて  http://www.crecla.jp/


PAGE TOP