ヒナんどりやってみた!

お水の備蓄、ママ気象予報士がやってみた!

お水の備蓄、ママ気象予報士がやってみた!

●日本全国、誰もが同じ災害リスクをもっています

2018年の夏は、震度6弱を観測した大阪北部を震源とする地震や、平成30年7月豪雨と、甚大な被害となった自然災害が続いています。自然災害は今年に限ったものではなく、毎年日本のどこかで発生しており、日本全国どこにいても、同じ災害リスクがあると言っても過言ではありません。
そして発災後、生活者にとって一番困るのがライフラインの断絶です。これまでの大規模災害を見ても、電気→水道→ガスの順での復旧した所が多くなっています。ライフラインの中でも、水の確保は普段からの備えで自分自身でできる事であるため、最低限、水の備蓄はしておきましょう。

●家族の備蓄水はどのくらい必要なの?


●家族の水の備蓄はどうすればいい?


●ここで、3人のママであり気象予報士である小野聡子さんに、ここ最近の災害について、自身の家庭でのお水の備蓄について聞いてみました



●という事で、今回、トクする!防災プロジェクトの協賛企業でもあるクリクラにご協力いただき、小野ママ気象予報士のお家にウォーターサーバーを置いてみました!

お水の備蓄、ママ気象予報士がやってみた!


●ウォーターサーバーで、お水の備蓄をしてみて


家族のお水の備蓄はこちら!

  • ①お水の備えは「ローリングストック」がおススメです。

    ライフラインの中でも、水の確保は普段からの備えで自分自身でできる事。最低限、水の備蓄はしておきましょう。
  • ②ウォーターサーバーは、簡単に「ローリングストック」が実践できます。

    家族で普段も便利に使えて、備蓄水が常にある状態をキープでき「ローリングストック」が途絶えることなく自動的にできます。
  • ③楽しみながら防災意識を高めよう!クレヨンしんちゃんと「サバイバル防衛力診断」

    クレヨンしんちゃんとゲーム感覚でできる「防災テスト」で、家族・親子で楽しみながら「防災の基礎知識」を学べます。
    テスト結果をシェアした方の中から抽選で110名様に”防災関連商品”をプレゼント中!
    サバイバル防衛力診断 URL:https://form.crecla.jp/campaign/bouei/
クリクラは防災について何ができるかを日々考えて取り組んでいる企業です。備蓄水としても保存しておけるクリクラのお水は厳しい衛生管理の下で製造された安全なお水。しかも、クリクラのウォーターサーバーなら停電時でもお水(常温)が出るので、万が一の場合にも役立ちます。


PAGE TOP