ヒナんどりやってみた

防災番組「ぼうさいカフェトーク」をやってみた!#1

防災番組「ぼうさいカフェトーク」をやってみた!#1
ぼうさいカフェ全体外観

ぼうさいカフェトークの内容


●命を守るために考える「女性にとっての防災」


●災害時に女性だから困ること

ヒナんどりの気象対策室

「ヒナんどりの気象対策室」では、ナビゲーターの樋口康弘気象予報士が、災害につながるお天気の話、役立つポイントをお伝えしていきます。
今回のテーマは「風」です。春は台風シーズンに負けないくらい、風の強い季節です。なぜ春は強い風か吹くのか、風の強さのランクの話、強風への備えポイント等をお届けします。春の風対策、ぜひ参考にしてくださいね!

「ぼうさいカフェトーク」#1のまとめはこちら!

  • ①女性が災害時に困る事に対して積極的に主体的に関わっていく、自分の力で解決していくという力を持つ

    →災害が起きた時に、女性はデリケートな問題を抱える事が多くあります。それを男性に理解してもらおうと思う事は難しい傾向があります。
  • ②女性の視点で「防災」を考えると「日本の防災」は変わる

    →細かな「気配り」や「気づき」に女性ならではの「防災」があります。
  • ③女性が普段使っているもので、災害時に使えるものは結構ある

    →拭き取り式のクレンジングは断水時に使えたり、寒い時期の停電時は冷え性対策のレッグウォーマーや重ね着で対処できたりするなど、普段の使っているものが災害時にも使える事を知っておきましょう。
  • ④普段から、災害時の自らの行動をイメージしておくことが大事

    →普段使っているもので災害時に必要なものは何か、今災害に遭ったらどう行動するかなど、日頃から、「災害時にはこうしよう」という意識を持って暮らしておきましょう。
  • ⑤災害時、特に一人の時は同じ立場の人を見つけて積極的に声をかける

    →災害が起きた時、特に一人でいた時には心細いので、同じ立場の人を見つけて「一緒にいませんか」と積極的に声をかけて、共にちょっと困った事を助け合いましょうと言えるようにコミュニケーションを取るようにしましょう。


詳しくは、「ぼうさいカフェトーク」のYouTubeチャンネルでもチェックしてくださいね!
国崎信江先生プロフィールはこちらから  国崎信江先生プロフィール


YouTube「ぼうさいカフェトーク」



PAGE TOP