ヒナんどりやってみた!

人気インスタグラマー中野さんファミリーが1日断水体験をやってみた!

人気インスタグラマー中野さんファミリーが1日断水体験をやってみた!

●自然災害の発生に断水はつきもの

近年、地震や大雨といった災害が大きな被害をもたらし、突然ライフラインが絶たれるという事態が頻発しています。2011年3月の東日本大震災や2016年4月の熊本地震などで大規模な断水が起き、熊本地震では、ライフラインの復旧は、電気は1週間で全復旧、ガスは約2週間後に、水道は約3か月半後に復旧完了しました(総務省 「平成29年版情報通信白書」ライフライン等の被害状況)。また、地震だけではなく2019年の台風15号、令和元年東日本台風、2020年の令和2年7月豪雨などでも断水が発生しました。内閣府による首都直下地震等による東京の被害想定によれば、各ライフラインの復旧目標日数は、電気で6日、上水道で30日、ガスで55日となっています。ライフラインの中でも「水」については、自分自身で備蓄しておく事ができるものになります。

●ローリングストックで備蓄水を確保


●もしも断水したら…家族4人で“1日1人3ℓ”体験!

もしも断水したら…家族4人で“1日1人3ℓ”体験!

■朝ごはんは紙コップにみそ玉と冷凍カット野菜を入れて簡単みそ汁

■お昼ごはんは、ポリ袋と牛乳パックで洗いものなし料理!

■晩ごはんも、節約・時短料理で、お水の節約

●断水生活を体験して

家族で1日、備蓄水で過ごしてみてわかったことはこちら!

  • ①1日1人3ℓはやはり必要

    食事の洗いものなどになるべく水を使わないよう工夫をすれば、今回の断水体験では1人3ℓで大丈夫でした。
  • ②ローリングストックでお水の備蓄は便利

    とくにウォーターサーバーなら、定期的に水を運んでくれるので、普通に水を使っているだけでローリングストックができます。今回の断水体験で使ったクリクラのウォーターサーバーはコンセントをささなくても使えるので停電時も安心です。
      ※停電時でも使用可能ですが、開封後はできるだけ早くご利用ください。
  • ③家族で防災への備えを話し合うきっかけに

    家族4人が水12ℓで1日過ごすというのがどういうことか、家族みんなで知ることができました。一度やってみることをおすすめします!

●近年の災害傾向と家族の備えについて、ママ気象予報士・小野聡子さんに聞いてみました

―近年の災害傾向について
ここ数年、これまで経験したことのない雨の降り方、災害が起こっていると実感します。気象庁によると、今年7月上旬に観測された降水量の総和と、1時間降水量50ミリ以上の非常に激しい雨の発生回数は1982年以来、過去最多となったということです。雨の量も降り方も、これまでとは違ってきているのが現実です。これまで災害を経験したことのない地域でも、災害はいつどこにでも起こりうるということを肝に銘じなければいけないと感じています。


PAGE TOP