トクする!防災とは?

「トクする!防災」プロジェクトは、日本気象協会が推進する、
ちょっと楽しくちょっとおトクに防災アクションを取ることで、
自分や家族の命を守ることを目指すプロジェクトです。
トクする!防災とは?

備えておくことが、さまざまな「トク」につながる

地震が、いつ起こるのか、どんなふうに起こるのか・・・そんなことは、誰にも分かりません。だからと言って、「事前に備えておくなんてムダ、起こったら起こった時のこと」なんて思っていてはいけません。

震災への対応は、病気への対処と同じです。病気にかかってからそれを治そうとするよりも、免疫力を高めるよう食生活に気をくばり、適度な運動を心がけ、体調管理に留意して生活していれば、たとえ病気にかかったとしてもその程度は軽くすみ、治療も早くすむことが期待されます。つまり、事前に備えることによってより快適な人生を送ることができる、身体にかけるコストだって少なくてすむ、「トクする」ことになるわけですね。震災についても、被害を軽くするように備えておくこと、何かあったときも自力で数日過ごせるだけの準備をしておくことは、さまざまな「トク」につながることになるのです。

「でも・・・、地震なんていつおこるのかわからない・・・と言うことは、トクするかどうかわからないじゃないですか?」

そんなことをつぶやいたヒネクレモノのあなた。そう、地震を対象とした場合、あなたがトクするかどうかは、実はわかりません。でも、どこの地域でも、必ずいつか大地震に見舞われるのも事実。そのときに、あなた自身じゃないかもしれない誰か、あなたのお子さん、お孫さん、あるいはもっと後の世代の人たちが、しっかり「トクする」ように備えを進めておくことは、とても大事なことだと思いますよ。


災害時、自ら判断する力をつけるために 生活の中で「おトクな」工夫も

土砂災害や洪水災害が発生するたびに「なぜ?」という言葉が頭をよぎります。
「なぜ避難できなったのだろう?」「なぜ避難しないのだろう?」と。
これまで経験したことがないような極端な大雨が今後も増えると予想される中、自然猛威から私たちの命を守るのに「これさえあれば」という特効薬はありません。

多くの人は避難を勧められても「自分は大丈夫」「危ないときは自宅でじっと」等の判断をします。
「避難」という非日常の行動には高い心理的なハードルがあるからです。
これを克服するために避難訓練や防災講習会などへの参加が大変重要ですが、同時に、「防災につながるあらゆる(ささいなものでも)行為・行動が自分の為になる(面白い)」仕組みを構築することも考える必要があります。

「一日一回(例えば、夕食時など就寝前に家族が集まる時間)天気予報を見る時間を決めて実行する」、「警報で通知がくるアプリをダウンロードする」このような行動や仕組みが日常的に続き、自動的にポイントとなり、気が付けば、生活の中に「お得感」と一緒に気象を取り組むことで、これまで単なる行政からの情報を一方的に受身で聞いていた人々が、自ら情報をもとに判断する力を身につけていく。
災害に対する自助・共助・公助の力を高めるには気象情報の咀嚼力がキーポイントです。

ちょっとした知識・情報のインプットを「防災」と硬い言葉で考えずに継続していく。このことが結果的に自分、家族、大切な人々を助けることにつながると信じています。


PAGE TOP