避難の心得土砂災害編

土砂災害編          

土砂災害とは

土砂災害は、台風等の大雨や集中豪雨、地震が引き金となることが多く、突発的に大きな破壊力を持って発生します。傾斜が急な山が多い日本は、土砂災害が発生しやすい環境にあります。突発的に発生する土砂災害は、正確に予測することが難しい災害です。非常時に備えて、日頃から準備をすることが大切です。土砂災害は、土石流、がけ崩れ(急傾斜地の崩壊)、地すべりの3種類に分類されています。


自宅の土砂災害への危険度を知る

土砂災害の危険がある地区には「土砂災害危険箇所」として「土石流危険渓流」「急傾斜地崩壊箇所(がけ崩れ危険箇所)」「地すべり危険箇所」の3つの危険箇所が指定されています。また、「土砂災害警戒区域」や「土砂災害特別警戒区域」は土砂災害による被害を防止するため、警戒避難体制を整備すべき土地等として土砂災害防止法に基づき指定された区域のことです。「土砂災害危険箇所」とは違い、調査を実施した後、住民へ説明し、同意を経てから指定されます。これらの地区では土砂災害への危険が高い場所ですので、雨のときはこまめに情報を確認して、大雨になったらすぐに避難するなど、他の地区より注意が必要です。
今いる場所が土砂災害警戒区域になっているかは、アプリ「わが家の防災ナビ」の「ハザードマップ」で簡単にチェックすることができます。アプリ「わが家の防災ナビ」

土砂災害危険箇所 土砂災害が発生するおそれがある箇所。
土砂災害警戒区域 土砂災害が発生するおそれがあり、発生した場合、住民に危害が生じるおそれがある区域。
土砂災害特別警戒区域 土砂災害警戒区域のうち、土砂災害が発生した場合に建築物に損壊が生じ、住民に著しい危害が生じるおそれがある区域。

土砂災害からあなたの大切なものを守るために

雨が降り出したら、気象情報をチェックし、早めに避難に備えましょう。雨の状況に応じて段階的に注意報や警報などが発表されています。
また、大雨警報(土砂災害)や土砂災害警戒情報が発表されたときには、「土砂災害警戒判定メッシュ情報」で土砂災害発生の危険度が高まっている地域を把握することができます。土砂災害発生の危険度が高まっている地域では、土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域等の外の少しでも安全な場所へ早めに避難することが重要です。

大雨注意報
・大雨により災害の起こるおそれがあると予想したときに発表されます。
大雨警報(土砂災害)
・大雨により重大な災害の起こるおそれがあると予想したときに発表されます。
土砂災害警戒情報
・大雨警報が発表されている状況で、大雨による土砂災害のおそれが高まったときに発表されます。
大雨特別警報(土砂災害)
・重大な土砂災害が発生するおそれが著しく高まったときに発表されます。

避難の心得


雨が降っていていつもと違うことがあったら危険

雨が降り続いている時に、下記のようなことがあったら土砂災害がいつ起きてもおかしくありませんので、すぐに避難するようにしましょう。また、既に建物の外に出て避難することが危険な状況となっている際は、頑丈な建物で斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動することが有効な場合もあります。

避難の心得

土砂災害の予兆

1.自分の居る地域で豪雨や長雨が続いている
2.渓流の水が濁り木が流れたり土臭い臭いがする
3.渓流の水位が急に減少する
4.斜面から物音がする、何かが落ちてくる、水が浸みだす
5.地面に亀裂や段差が生じる、木が傾いたり、地面が揺れる
6.地鳴りがする
7.いつもと違うことが起きる

土砂災害警戒区域や土砂災害危険箇所から外に出る

土砂災害の前兆現象と思われるものがあるときや、不安を感じたら避難勧告などがなくても早めに土砂災害危険箇所から外に出るようにしましょう。

何か起きてからでは避難できない

土砂災害は、そのスピードとパワーが凄まじいため、災害が起きてから避難しようとしても、間に合いません。
避難指示、土砂災害警戒情報等が出てからでは遅い可能性もありますので、不安を感じたら雨が弱いうちに避難準備を進めたり、土砂災害の危険性が無い地域へ外出してしまうなど、早めの避難行動をとりましょう。
近所の土砂災害危険箇所の外にある親戚の家に行くのも避難の1つです。

避難する際には十分な注意を

万一、危険が迫ってきたら、冷静に状況を判断しながら、安全な避難を心がけましょう。また、夜間の避難は危険ですので、明るいうちに避難を完了できるようにしましょう。
どうしても屋外への避難が困難な状況下などやむを得ない場合には、建物の斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動しましょう。(土石流が想定される箇所においては、危険な区域の外へ退避する、もしくは堅牢な建物の高層階に避難することが基本です。)
避難所は、アプリ「わが家の防災ナビ」で簡単にチェックすることができます。アプリ「わが家の防災ナビ」

避難するときは
・ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを落とし、戸締まりを確認しましょう
・車での避難が危険な場合があります
・河川には近づかないようにしましょう
・冠水しやすい道路は避けましょう
・やむを得ず、浸水している道路を通る場合は、傘などの棒を使って安全を確かめましょう

避難する際の服装
・ヘルメット等で頭を保護する
・動きやすい長袖と長ズボンを着用する
・普段から履きなれた底が厚めの靴を履く(裸足や長靴は危険)
・非常用品(食料品含む)は両手が空いている状態にするためにリュックへ入れる
 非常用品は、アプリ「わが家の防災ナビ」の「わが家の備蓄計画」で簡単にチェックすることができます。アプリ「わが家の防災ナビ」

土砂災害から避難する場合の心得

1.早く土砂災害警戒区域や土砂災害危険箇所から外に出る
2.周囲の状況を確認し、できるだけ浸水していない場所を歩きましょう
3.土石流については、土砂の流れる方向に対して直角にできるだけ高い所に避難する
4.屋外への避難が困難な場合は、建物の斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動する
5.自らの身は自らで守る

避難勧告・避難指示や大雨警報が解除されるまでは戻らない

土砂災害は降雨のピーク時を過ぎて小康状態になっている時にも発生する可能性があり、突発的に発生するため、避難した後も情報や呼びかけに注意しましょう。

※上記の心得は「トクする!防災」プロジェクトチームの見解に依ります。自治体から避難指示や避難勧告が出された場合は指示に従い速やかに避難しましょう。

避難の心得


PAGE TOP