備蓄の心得自分でできる耐震補強

自分でできる耐震補強

大地震発生時は家具が凶器に変わる

わが家の地震対策

地震対策 子ども部屋

地震対策 自宅

家具の固定方法

備蓄の心得

高層ビルでは長周期地震動に警戒を

東京消防庁によると、熊本地震でけがをした原因のうち、家具類の転倒等によるものは、一般住宅では29.2%、高層マンションでは40.0%でした。長周期地震動(大地震発生時に生じる周期の長い揺れ)により、高層ビルは、震源から離れた場所でも大きく長く揺れる傾向があります。高層階では低層階よりも大きく揺れ、地震がおさまった後も揺れ続ける可能性があります。
高層階では、家具が飛んでくることがあるので、固定をするとともに地震発生時は、「移動してこない空間で身を守ること」が大切です。
詳しくは避難の心得をご覧ください。避難の心得(地震編)

長周期地震動

おススメ備蓄レシピ


PAGE TOP