避難の心得基本編

基本編

いつ避難したらいいか

各自治体から発令される避難情報には、危険度の低い順から、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」があります。「避難準備・高齢者等避難開始」が発令された段階から主要な指定緊急避難場所が開設され始めます。夜暗くなってからの避難は危険ですので、日没前の明るいうちに避難を完了できるようにしましょう。また、危険を感じる場合などは、自らの判断で早めに避難することも重要です。

危険度 避難情報の種類と対応




避難の心得


避難指示(緊急)

・まだ避難が済んでいない場合は、ただちに避難する。
・外出することが危険な状況で屋内に残っている場合は、屋内で安全確保をする。(水害・土砂災害の場合:建物の斜面とは反対側の2階以上の部屋へ移動する。)

避難勧告

・一刻も早く避難する。
・地下空間にいる場合は、速やかに安全な場所へ避難する。

避難準備・高齢者等避難開始

・避難に時間を要する方(ご高齢の方等)がいる家庭、あるいは危険な地域に住んでいる方は、避難を開始する。
・気象情報に注意を払い、いつでも避難できるよう準備をする。
・避難が必要と判断する場合は、避難を開始する。

どこに避難したらいいか

自宅はその立地条件ごとに異なった災害の脅威にさらされています。そのため、さまざまな自然災害に対し、わが家にはどのような脅威があるのかをハザードマップ等で事前に調べておく必要があります。そのうえで、万が一、災害の脅威が迫ったとき、自分や家族はどのような避難行動をとればよいのか、屋外へ避難をすべきなのか、屋内で安全を確保すればよいのかなどを判断しなければなりません。
また、安全な避難行動をとるためには、避難所が安全であること(倒壊の可能性が低い等)と、避難所に向かう経路が安全であること(氾濫するおそれがある河川の近くや土砂災害が発生するおそれがある場所は避ける等)が重要です。

どこに避難したらいいか

■水害の避難行動について
浸水後の自宅滞在が困難な場合は、浸水前の早い段階で安全な場所へ避難することが重要です。一方、浸水してからでも安全に自宅で滞在することが可能な場合は、浸水してから無理に屋外へ避難せずに自宅で安全を確保しましょう。自宅の位置や自宅の構造、既に浸水が生じている状況なのか等によって、屋外へ避難することの必要性が異なりますので、冷静に判断しましょう。今いる場所の災害危険度は、アプリ「わが家の防災ナビ」の「わが家の避難計画」で簡単にチェックすることができます。アプリ「わが家の防災ナビ」
また、浸水後も自宅で滞在することが可能な場合もありますが、浸水が長期間(長ければ3日から1週間以上)におよぶ場合も想定されますので、日頃から備蓄品を備えておくことが大切です。

水害の避難行動

■土砂災害の避難行動について
土砂災害は、災害発生前に屋外(避難所、親戚知人宅、宿泊施設、公共施設)へ避難することが最も良いですが、屋外への避難が危険な状況の場合には、家の安全な場所(斜面とは反対側の2階以上の部屋)で安全を確保しましょう。避難する場合は、ハザードマップや気象情報・防災情報などをもとに避難行動を判断する必要があります。
今いる場所の災害危険度は、アプリ「わが家の防災ナビ」の「わが家の避難計画」で簡単にチェックすることができます。アプリ「わが家の防災ナビ」

土砂災害の避難行動を判断するためのポイント

1.避難先の安全性:避難先は土砂災害のおそれがないか等
2.避難経路の安全性:避難途中に土砂災害の危険性がないか等
3.各自の避難能力:自分自身や家族は自力で避難できるか(徒歩等)
4.気象状況・気象情報:降雨の状況と今後の予測(これから豪雨等)

土砂災害の避難行動

■地震、津波の避難行動について
緊急地震速報を受信したり、大きな揺れを感じたら、まずは落下物等から身を守り、揺れがおさまるまで待ちましょう。揺れがおさまったら、自分の目と耳で確認した情報や災害情報・避難情報をもとに避難行動を判断する必要があります。
津波の危険がある場合は、海岸から離れ、一刻も早く高台へ避難することが大切です。避難する場所は、大きく2種類に分けると、緊急に避難する場合の避難先として位置付けられている「避難場所」と、一時的に滞在して避難生活をする「避難所」があります。

地震、津波の避難行動

「避難場所」と「避難所」の違い

1.避難場所
 大きな公園や広場など
 災害が発生または、発生する恐れがある場合にその危険から身を守るため、一時的に避難する場所。(基本的に飲料水や食料などの備蓄はされていない。)
2.避難所
 小・中学校など
 災害により家に戻れなくなった方が一定の期間滞在するための施設。

どうやって避難したらいいか

避難時の注意点については、各ページを確認してください。


避難所での生活

東京都では、避難所に受け入れる避難者数は、概ね居室3.3㎡(畳2畳分)当たり2人としています。ただし、状況によっては必ずしもそのとおりの割り当てができるとは限りません。
災害救助法の一般基準では避難所の開設期間は原則7日以内とされていますが、大規模災害時には、さらに期間を要する場合も想定されます。

避難所生活の心得

1.ルールやマナーを守り、助け合いながら生活しましょう。
2.要配慮者(ご高齢の方等)への心配りも必要です。

※上記の心得は「トクする!防災」プロジェクトチームの見解に依ります。自治体から避難指示や避難勧告が出された場合は指示に従い速やかに避難しましょう。


PAGE TOP