避難の心得火山編

火山編

活火山とは?

活火山は、「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」とされています。2003年に火山噴火予知連絡会が活火山と選定した火山は、現在日本国内に111あります。火山は時として大きな災害を引き起こし、21世紀以降でも火山による災害は確認されています。2014年に発生した御嶽山噴火での、死者・行方不明者は63人と記録されています。
火山活動に伴う被害の原因として、噴石や火砕流等が挙げられます。大きな噴石や火砕流、そして融雪型火山泥流は発生してから避難するまでの猶予時間がほとんどないため、噴火警報や避難計画を活用して事前に避難しておくことが重要です。

火山活動に伴う被害


火山噴火に伴う被害


  • 火山灰

    噴火によって噴出した直径2mm以下の小さな固形物です。
    時には数100km以上も運ばれることがあり、広範囲に降下および蓄積します。火山灰は交通機関の乱れ、家屋の倒壊、航空機のエンジントラブル等様々な影響を与えます。
  • 噴石

    火山が噴火すると、大きな噴石が火口から吹き飛ばされることがあります。
    大きさは直径約50cm以上のものもあり、風の影響をほとんど受けず短時間で落下し建物の屋根を突き破ることもあります。登山者の死傷や建造物の破壊といった被害につながることがあります。
  • 火砕流

    高温の火山灰や岩、空気や水蒸気などが一体となって急速に山体を流下する現象です。
    火砕流は通過した領域を焼失させたり埋没させたりすることがあり、破壊力が大きく恐ろしい現象です。流下速度は時速100km以上、温度は数100℃にも達します。

  • 溶岩流

    マグマが火口から噴出して高温の液体のまま地表を流れる現象です。
    通過域にある建物や道路や農耕地、さらには森林や集落をも焼失、埋没させてしまいます。溶岩流の流下速度は比較的遅く基本的に人の足による避難が可能ですが、流れる速度は溶岩の成分次第で変わるのでなるべく早く避難する必要があります。
  • 火山泥流

    火山堆積物が雨水等によって流れ下る現象で、土石流と類似の現象です。
    噴石や火山灰が堆積しているところでは、数ミリ程度の雨でも発生しやすくなります。火山泥流は、高速で斜面を流れ下り、下流に大きな被害をもたらします。噴火後に雨が予想されるときは、川の近くや谷の出口に近づかないようにする必要があります。
  • 融雪型火山泥流

    積雪時における火山において、噴火に伴って発生した火砕流等の熱によって斜面の雪が融かされ、発生した水が周辺の土砂や岩石を巻き込み流下する現象です。
    流下速度は時速60kmを超えることもあります。大規模な災害を引き起こしやすい火山現象で、広範囲の建物、道路、農耕地等が破壊され埋没することもあります。

  • 火山ガス

    火山ガスの成分は水蒸気だけでなく、二酸化硫黄や硫化水素といった物質も含まれています。
    含まれている気体の種類によっては、人体に対して影響を与えるものもあり、過去には死亡事故も発生しています。


  • 指し棒を持つヒナんどり


火山情報を事前に確認しておきましょう

    ●火山ハザードマップの確認
  • 火山噴火に対する対策はまず、行政機関等が作成した火山ハザードマップの確認です。危険な場所や避難場所・避難経路を確認しておくことがとても大切になります。噴火警報・噴火予報の発表時に立ち入り禁止や通行規制がかかる区域も記載されているので、観光などで訪れる際にも必ず事前に確認しましょう。また、噴火規模により、火山ハザードマップで色が付いていない地域でも、被害が生じる可能性があります。
  • 火山ハザードマップの確認


●噴火警戒レベルと避難行動について
噴火警報は、「警報が必要な範囲」がどの範囲に及ぶかによって発表名称が変わります。それぞれの名称と範囲についてみてみると、以下のようになります。

火山噴火の予報や警報


火山には、噴火警戒レベルが使用されるものと使用されないものがあります。噴火警戒レベルが使用される火山に対して、気象庁は地元の避難計画と一体的に噴火警報・予報と噴火警戒レベルを発表します。また、地元の市町村等の防災機関では入山規制や避難勧告等の防災対応を行います。噴火レベルが使用される火山では、5段階でレベル付けがされます。最も高いレベル5では、居住地域への被害が既に発生しているまたは発生が切迫している状態です。レベル3では、居住地域への被害の可能性があることを示しています。このレベル3でも入山規制がしかれます。火山活動時の状況も「居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生」とされるので非常に危険な状態だといえます。レベルの大きさで安全だと判断せず、住んでいる地域の自治体の指示に従って行動しましょう。
特別警報が発表された場合には、特定のエリア内の対応端末(携帯電話)に“緊急速報メール”が気象庁より配信されます。また、警戒レベルが低い場合でも噴火に備えておくことが大切です。

火山噴火の備え

1.火山ハザードマップを事前に確認をする
2.噴火警報・予報を携帯電話などで入手できるようにする

避難時に身に付けるべきもの

  • 避難時に身に付けるもの

  • 万が一、登山中に噴火してしまった場合は、ただちに近くの山小屋やシェルターに避難しましょう。頑丈な建物が近くにない場合は、大きな岩の陰などに隠れて、頭や体をリュックサックなどで保護することも重要です。
    避難をするときには噴石等が当たらないようにヘルメットを着用しましょう。加えて、火山灰を吸い込まないことや目に入れないようにするためにもマスクやゴーグルの着用も忘れないようにしましょう。また、火山ガスにも注意する必要があります。火山ガスの臭いを感じたら、水で濡らしたタオルなどで口を覆い風上や高台などに移動しましょう。

  • 噴火時の行動

    1.頑丈な建物に避難する
    2.頑丈な建物が近くにない場合は、大きな岩の陰などに隠れる
    3.ヘルメットやマスクを着用し、噴石やガスから身を守る

    火山灰は数日間降ることも

  • 火山噴火から火山灰が降るまでの流れ

  • 火山灰が降るまでの時間は、火山に近いところでも数分程度かかります。富士山が噴火した際には、火山灰が降り始めるのは噴火から数時間後~翌日と言われています。そのため、噴火の直後は噴石や溶岩などによって被害がもたらされることがありますが、それらが終わっても油断しないようにしましょう。火山灰は、火山から少し離れた地域にまで飛散することがあります。離れたところに住んでいる人でも自宅の窓やシャッターを閉め、マスク等の確認を行い、各自治体からの避難情報を確認しつつ、いつでも避難できるようにしましょう。
    火山灰は車や交通機関や電子機器にも影響します。また、火山灰は水を含むと電気を通しやすくなります。そのため、漏電なども発生し送電設備が故障した結果、携帯電話やパソコンにも影響を与えることが考えられるため、リアルタイムでの情報収集ができなくなることが懸念されます。このようなことも考えられるので、日頃から防災情報を確認しておくことが重要です。

  • 火山灰が積もったら

    1.交通機関が乱れることもある
    2.火山から離れたところでも、マスク等の確認をする
    3.情報収集が困難になる場合もあるので日頃からのハザードマップの確認をする

    火山灰を掃除するときの気を付けるポイント

    ●掃除全般での注意
    火山灰は非常に小さな粒なので、吸い込んでしまうと肺にまで達し、呼吸に影響が出たり咳が増えたりします。清掃時にはマスク(防塵マスク)と長袖の服を着用し、コンタクトレンズを使用している人は、コンタクトレンズを外し、眼鏡を使用しましょう。目に入ったり皮膚に直接付いたりすると、その箇所で炎症を引き起こすことがありますので、もし付いてしまった場合は水で洗い流しましょう。

    ●屋外を掃除するときの注意
    火山灰を水浸しにしないようにしましょう。過剰に水を含んだ火山灰は固まってしまい、清掃が難しくなります。清掃時に集めた火山灰は排水溝や雨水管に流さないようにしましょう。それぞれの地域で火山灰の処理方法は異なるので、自治体ごとの処理方法を確認しましょう。清掃活動が終わり屋内へ入るときには、火山灰を持ち込まないように外で着ていた服は脱ぎましょう。また、車の運転は火山灰が巻き上げられることにつながるので、どうしても必要な時以外は避けましょう。

    ※上記の心得は「トクする!防災」プロジェクトチームの見解に依ります。自治体から避難指示や避難勧告が出された場合は指示に従い速やかに避難しましょう。

    避難の心得


    PAGE TOP